プロフィール

**こまゆ**

Author:**こまゆ**
都内在住。30代半ばの主婦です。
夫と二人暮らしですが不妊治療の末に赤ちゃんを授かりました。
2012年6月には家族が増える予定です♪
飽きやすくズボラ。だけど色んな事を体験してみたい。
楽しいこと大好きな楽天家。
お酒も大好き。(現在禁酒中)
ナチュラルインテリアに憧れてます。

=夫=
見た目強面だけどつぶらな瞳を持つ男。
優しいけれど頑固者。
あーいえばこういうのが得意。
子供の頃はプロ野球選手かプロレスラーになりたかったらしい。


赤ちゃんの様子


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


★読者登録フォーム★



提供:PINGOO!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹腔鏡手術(ラパロ)のこと

昨年12月に受けた腹腔鏡手術について書きます。

昨年9月に転院したわけですが、手術の予約がとれたのは12月でした。
そこのクリニックは先生が5~7人いて、ほとんどの先生が執刀できるようでした。
なのに、2ヶ月以上待ちです。
毎日手術している訳ではないと思いますが、やはり人気なのだなぁと思いました。

人気の理由は「1泊2日で帰れて仕事復帰もすぐ出来る」ところにもあると思います。

前日の夜から絶飲絶食で手術当日の朝8時に病院へ。
AIHをして子宮内にどれだけの精子がいるかを見るテストもする為に精子も持参しました。
フーナーテストの進化版といったところでしょうか。
診察室でAIHをしたら、入院する個室へ。
ここはホテルかと見紛うばかりの素敵なお部屋でした。
手術は13時からだったので、それまで点滴をして待ちます。
夫も来てくれたので、談笑しながら待ちました。

13時。
夫に「頑張って!」と送り出されて手術室へ。
看護師さん達が非常に慌しく動いていましたが、
麻酔医が到着して麻酔投入されてアッという間に意識がなくなりました。

起きたら個室のベッドに寝ていました。
夫の顔が見えたけど目がぱっちり開かなくて
「目が開かないよー。」
と言ったら
「いつも開いてないようなもんじゃん。」
と、サラッと失礼な事を言われたのでよく覚えています。

お腹は生理痛のような鈍痛がちょっとあるけど、そんなに痛くない。
でも変な違和感が…。尿管に管が入っていたせいでした。
3時間後には管も抜かれて、看護師さんに歩くようにと言われました。
癒着防止のせいだと思います。
その日は急に眠くなったり、目が冴えたりの繰り返しでした。

次の日。
朝ごはん(おかゆ)を食べて、先生からの説明を聞いて退院。
腹痛もなかったので、夫と歩いて駅まで行き最寄り駅では駅ビルをブラブラして帰宅。

手術の結果ですが…。
・左の卵巣にあったチョコレートのう腫を切除。
・左卵管は大部分癒着しており、癒着を剥離。
・右卵巣に小さなチョコレートのう腫発見、切除。
・卵管のつまりはなし。
・AIHした際の精子は多数子宮に残っていた。

エコーではわからなかった癒着や右側卵巣ののう腫があり、
予定していたより時間がかかったそうです。

手術自体は寝ている間に終わったし、術後の腹痛も生理痛の軽いもの程度でした。
実際回復も早くて、土日挟んだこともあり術後3日で仕事も復帰しました。
なにより、自分自身の体の事を知れてとても良かったと思いました。

結局その後自然妊娠は出来なかったけど、受けて良かったと思っています。


妊娠に至るまでの不妊治療歴

現在結婚5年目ですが、夫と付き合ってからは9年目となります。
な、長いですね…。
なので、私は結婚してからすぐにでも子供が欲しかったんですが、
夫は新婚生活をもっと楽しみたいとの事で子作りはしてませんでした。
私もお酒大好きだし、もっと遊びたいって気持ちもあったのも事実。

2年目。
基礎体温を測り始め、あわよくば出来たらいいなーという感じでした。
もともと子宮内膜症持ちで20代半ばに治療したけれど、当時通っていたクリニックの女医さんからは
「妊娠には問題ないわよー。」
と言われていました。
実際、基礎体温も排卵までがちょっと短い(12日目位)けど、ちゃんと2層に分かれているから大丈夫だろうって思ってました。

3年目。
以前よりタイミングを持つようになるも全然気配なし。
おかしいな?と思い近所の不妊クリニックへ行き一通りの検査をするも、異常なし。
「原因不明不妊」と診断されました。悶々とする日々。
タイミングを何度かとってみるも撃沈。

4年目。
納得がいってないのにステップアップをすすめるクリニックの医師に不信感を持ち始めました。
そんな矢先、結婚したばかりの夫の弟のお嫁さんの妊娠発覚!
私と歳も1歳しか変わらないのに、「出来る人はすぐ出来るんだ。やっぱ私変だ。」という気持ちが強くなる。
「子宮内膜症は妊娠とは関係ないって言うけど、ホント?」の疑問を解決するべく、転院。
腹腔鏡検査の実績が多く、原因不明不妊の人には有効的と謳っていたクリニックで
2010年12月に腹腔鏡手術を受けました。
エコーでは軽度の内膜症との見解だったけど、実際は卵管への癒着も酷かったそうです。
お腹の中を綺麗にしてもらって、タイミング法でリスタートしました。

5年目
タイミング法で7ヶ月頑張ってきたけど、結果出ず。
医師にステップアップをすすめられました。
ただし、フーナーテスト、精子検査の結果がよいために人工授精は意味ないので体外受精を、との事。
思い切って体外受精に挑戦!!
1回目で運よく妊娠することが出来ました。


今回運よく1回目の体外受精で妊娠する事ができましたが、
「最初から体外受精をしていたらすぐ妊娠できてたのか?」
とは思いませんでした。
もしかしたら遠回りしたのかもしれません。
でも、自分の体と向き合って納得してステップアップする、という事が私にとっては必要でした。
もし訳のわからないまま、転院前のクリニックで体外受精をして結果が出なかったら。
…私はその事実を受け入れられず、医師のせい、病院のせいにしていたと思います。
転院して信頼できる医師に出会えた事も、本当にラッキーだったと思います。

腹腔鏡手術、体外受精の事はまた追々詳しく書こうと思います。
«  | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。